キッズハウスにこにこのご紹介

こんにちは!キッズハウスにこにこです。

多機能型児童発達支援事業所として、2022年5月6日に開所しました。

就学前児童、小学生から高校生のお子さん、合わせて定員10名の通所事業所です。

就学前のお子さんは、午前中に2クラス、小学生以上のお子さんは、放課後等デイサービスとして平日午後4時から(休日は午後3時から)ご利用いただいています。

「キッズハウスにこにこ」では、子どもの発達は、体を通して感じる力=基礎感覚が土台になっている、という考えでプログラムを作っています。様々な体へのアプローチを通して、基礎感覚が十分に発達することを促していきます。

プログラムは、お子様が楽しんで活動に参加してもらうことが最優先ですので、遊びやゲームの感覚で参加してもらえるように工夫しています。

運動がメインのプログラムですので、室内では裸足になって、マスクをとり、こまめにお水をのみながら活動しています。
お水を飲むのは、のどが渇くからというよりも、脳の神経シナプスが活性化しやすい用に、という意図があります。
体を動かすために、脳ではいろいろな連携をしてくれていますので、その連携がなされるにはお水が必要なのです。

また、運動がメインではありますが、机上課題も、ひとりひとりのお子さんに合わせたプログラムを考えて、毎回カリキュラムを組んでいます。
指先が上手く使えるように、目の動きが良くなるように、楽しく小さな発見があるような工夫を毎回取り入れるのは、簡単な作業ではありませんが、スタッフ一同アイデアを出し合って、手作りのプログラムを作っています。

施設見学、体験も受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

シェア大歓迎です!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる